積木

将来のバリアに備える

一軒家

本人の理解と判断で決める

お年寄りから幼い子供まで、家族皆が安心・安全に寝屋川で暮らすための配慮は、これから新築一戸建てを建てる上で、欠かすことのできない大切なことです。バリアフリーとは本来高齢者や障害を持つ人のバリア(障害あるいは不自由)を解消することです。そして、住宅では自分の力で安全に快適な日常生活が送れるように造った住まいを指します。現在、高齢者がどの程度の健康状態にあるのか、また、将来のバリアに備えるとしたら、どの程度の健康状態を想定するのかによって、寝屋川の新築一戸建ての造り方は大きく異なります。年齢を重ねるとともに身体や感覚の機能の変化は誰にでも起こることです。寝屋川では一般的に、高齢者と呼ばれるのは60歳からと思われていますが、視力や聴力の低下、記憶力の衰えなどを始め、自然な老いはすでに40代から始まっています。加齢によって1つ1つの機能がどのように変わり、暮らしにどんな影響があるのか具体的に考えてみましょう。新築一戸建て住宅の環境を見直すことで、改善点や新しい発見があるはずです。そうしてことを知ることが、寝屋川で加齢に対応した新築一戸建てを造ることにつながります。基本的には、安全で機能的に使える点と清潔さを保てるという点が大切になるでしょう。また、プライバシーを保てることも見逃せません。この3つのポイントを押さえておきましょう。但し、便利さを追求するあまり、過保護になり過ぎ、過剰な設備を設置してしまわないように注意が必要です。そして、どこまで充実させるかについては利用する本人の理解と判断で決めましょう。