積木

中古住宅の購入と利用方法

案内

いろいろな利用の仕方

鎌倉は古くは都として現在では歴史ある遺跡を持つ観光地として大勢の観光客が訪れる場所です。景勝地である由比ガ浜周辺は以前から高級別荘地としても有名でしたが、近年では中古一戸建てを購入してセカンドハウスとして利用するかたが増えてきました。セカンドハウスとは、平日は都内で仕事をして週末だけ鎌倉で過ごすという生活スタイルのことです。鎌倉は横浜や東京まではJRや湘南ラインを利用できるので鎌倉駅から毎日通勤することも可能です。ただし、駅周辺は立地が良いので新築の価格が郊外よりは高めです。新築にこだわる場合は鎌倉の郊外の住宅を探すことになりますが、坂道が多いので車の利用が必要になってきます。立地の良さを優先する場合は予算内の中古一戸建てを探してみましょう。鎌倉の新築一戸建ての価格は中古一戸建ての1.5倍の高さといわれています。しかし、中古一戸建てはリフォーム工事が必要になり工事代金を入れると新築一戸建てと変わらないのではと心配になります。リフォーム工事は気になる場所だけ行うことで費用の負担を軽くすることができます。設備だけ取り換える、壁紙だけ張り替えるなど一部分だけリフォームすれば工事代金が膨らむことはありません。中古一戸建てを購入する方の多くは、手ごろな価格、立地、間取りや広さに魅力を感じて中古住宅を選んでいます。価格の安さと立地条件の良さが中古一戸建てを選ぶ理由の重要なポイントとなっているのです。鎌倉で家探しをしている方は中古一戸建ても候補に加えて検討してみることをお勧めします。